読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
アクセスカウンタ

 

MK141フラッシュバン レプリカ作成方法

ミリコス動画のススメ その1
ミリコス動画のススメ その2
ミリコス動画のススメ その3
ミリコス動画のススメ その4
ミリコス動画のススメ その5
ミリコス動画のススメ その6
ミリコス動画のススメ その7

QRコード
QRCODE

2012年05月03日

FSBE2のタグ。その1



FSBE2は2004年頃に支給され始め、現行でも使用されているようで、

放出品はヤフオクや放出屋さんで売られているのを、よく見かけますが、

2004年から年月も経ってますので、製造年によってチョットした違いがあったりします。

まあ、形はほとんど変わらないのですが、生地の色などが違います。

生地の色は、同じメーカーの物であっても、ロットが違えば他のナイロン製品でも違ったりするので、

普通なことかもしれないのですが、FSBE2のようにキット単位で支給されている物は、

アーマーとポーチ類の色が違うと、違和感を感じてしまいます。

FSBE2のアーマーやポーチ類の生地は、2006年頃から変わり始め緑っぽい感じに変わったので、

僕的には、それ以前の物と、それ以降の物と区別して集めています。

しかし、集めるときはネットなどで買うので、画像で色を判断しなければなりませんが、

写真の撮り方などで、色がわかりにくいので、写真だけでは判断しにくいのが現状です。

僕は、レーガン君時代(2004年製造)の初期の頃の物を集めています。

当然、一番初期型なので、最近製造されたものよりレアで手に入りにくいので大変です。

なので、買うときは新しい物か古い物かを判断して、古い物を購入するのですが、

その辺の判断方法で写真でわかりにくい場合は、タグで判断するしかないです。


そんなわけで、僕的なタグでの判断方法ですが、

まず、はじめにこのタグなんですが、僕はこのタグの年代の物を集めています。



レーガン君の時代の物はコレだと思います。

M4のマガジンポーチですが、FSBE2のポーチ類はイーグル社製と、アライド社製の物が混じってまして、

タグでわかるのですが、こちらはイーグル社製です。

民生品(一般販売)の物とは違い、イーグル社のマークが無く、コントラクトナンバーなどが書いてありますが、

ポイントは、三段目の「W911QY」と、一番下の製造年月と、タグの色です。

「W911QY」の部分の意味はワカリマセンが、

おそらくロットと関係があるのか、僕の見たものの中では、この記載があるものは間違いなく古い物です。

そして、製造年月は、この場合「9-04」とありますが、2004年9月ということだと思います。

あとはタグの色ですが、コレは青い色です。青タグといわれてまして、

2004年と2005年に作られた物のイーグル社製品の一部が青タグです。

2004年2005年の物でも、青タグじゃないものもありますが、まあ選ぶ基準としては解りやすい部分です。

と言うことで、僕は上の「W911QY」の04年製造の青タグをオークションなどで発見すると、

気合の入札モードになり、延長延長のハイビッターモードに突入してしまいます・・・


その2は、アライド社の2004年製造について・・・








同じカテゴリー(FSBE2)の記事画像
FSBE2のタグ。その3
FSBE2のタグ。その2
FSBE2 ライフルマン ベーシックキット。
脱落防止。
CWU-27/P
コシプリ。
同じカテゴリー(FSBE2)の記事
 FSBE2のタグ。その3 (2012-05-07 21:10)
 FSBE2のタグ。その2 (2012-05-04 21:50)
 FSBE2 ライフルマン ベーシックキット。 (2012-03-18 22:01)
 脱落防止。 (2011-09-20 21:40)
 CWU-27/P (2011-08-06 21:42)
 コシプリ。 (2011-07-09 22:18)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。