読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 27人
アクセスカウンタ

 

MK141フラッシュバン レプリカ作成方法

ミリコス動画のススメ その1
ミリコス動画のススメ その2
ミリコス動画のススメ その3
ミリコス動画のススメ その4
ミリコス動画のススメ その5
ミリコス動画のススメ その6
ミリコス動画のススメ その7

QRコード
QRCODE

2009年11月11日

ミリコス動画のススメ その5

今回はビデオカメラのお話。

今年は、サバイバルゲームよりも、撮影会をメインに行動してまして、一眼レフとビデオカメラを購入したのですが、

僕がそのビデオカメラを選んだポイントを書きます。


今年の春頃、以前から動画撮影に使っていたコンパクトデジカメが、録画中にズームができなくて、不満に思ってました。

ビデオカメラは、古いソニーのハンディーカムを持ってますが、8ミリDVのカセットのやつで、パソコンに映像を取り込む際、

かなりの時間とパソコンの容量が必要で、一度その方法でやってみたものの、めんどくさいので、あきらめてました。


となると、新しいビデオカメラを購入したくなりまして、資金調達しはじめました。

とりあえずはネットやカタログなどで情報収集をして、購入を希望するカメラを選んで、

何とか、十数万をためましたので、近くの電気店に行きました。


十数万円あれば、一流メーカーのハイエンドモデルがどれでも買えるので、一応、店員さんに細かいこと聞いてみたところ、

この店員さんが、動画編集が、ご趣味でイロイロ教えていただきました。


最初、僕は、何も考えず、大は小をかねるって感じで、一流メーカーハイエンドモデルを買う予定で行ったのですが、

店員さんのお話を聞くうちに、考え方変わりました。

それは、そのとき売ってた最新機種は、AVCHDとか言うハイビジョンなどの特殊な規格で保存できる物が多く、

その規格で撮影した動画を、そのままの画質で、パソコンで編集するとなると、

僕のパソコンもスペックをあげるか、変換して、画質を落としてからしか編集できません。

パソコンのスペックを上げることも考えたのですが、AVCHDの画像をまともにサクサク編集しようと思うと、

当時100万円位のパソコンじゃないと無理って言われて・・・

そして、変換ですが、どうせ画質落とすなら、最初っから画質の低いビデオカメラを買ったほうが、変換の手間も省けます。


と言うわけで、僕的にビデオカメラを買う基準を決めました。

そして、選んだのがこちら↓


ビクター  GZ-MS100 【※送料無料】SDカードムービー

ビクター  GZ-MS100
と言う機種で、SDカード(SDHC16Gまで)に記録できて、SDカードに記憶しますので、すぐにパソコンに取り込めます。

しかも送料込みで3万円でお釣りきますし!いつも一緒に撮影しているKouhey!殿も、僕が買った後、まねして買ってました。

機能的にはyoutubeに直接UPとかもできるようで、その他いろいろできるようです。

僕的にはパソコンに直接取り込めて、そのまま編集できるのが決め手になりました。


僕は、こんな感じで選びました。最初の固定概念にとらわれていたら、ミリコス動画なんてあきらめていたと思います。

それぐらい、手軽に編集できてます。

ビデオカメラ購入をお考えの方は、ご自分の環境にあわせたビデオカメラ購入をオススメします。


撮影した動画は、ミリコス動画倶楽部をご覧ください。

↓ここで買いました。送料込みで安いですよ。

ビクター  GZ-MS100 【※送料無料】SDカードムービー

ビクター  GZ-MS100 【※送料無料】SDカードムービー


Victor(ビクター) メモリームービー Everio GZ-MS101-B ※GZ-MS100の限定モデル

Victor(ビクター) メモリームービー Everio GZ-MS101-B ※GZ-MS100の限定モデル

限定モデル、黒でかっこいいな・・・






同じカテゴリー(ミリコス動画)の記事画像
珍装堂のおじさんの動画。
CONTACT FRONT 予告編 。
練習中。
SPCだよ!全員集合!。
ロボットに会いに行く。
コンマガHR特集号。
同じカテゴリー(ミリコス動画)の記事
 珍装堂のおじさんの動画。 (2014-05-25 15:14)
 CONTACT FRONT 予告編 。 (2014-02-11 21:19)
 練習中。 (2014-01-10 21:55)
 SPCだよ!全員集合!。 (2013-12-15 21:30)
 ロボットに会いに行く。 (2013-11-02 21:28)
 コンマガHR特集号。 (2013-10-27 20:45)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。